忙しい朝のスキマ時間に!むくんだ顔を元に戻す即効マッサージ!

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいる!こんな顔じゃ外に出られない…時間もないし、今すぐ顔をスッキリさせたいけど、どうしたらいいの泣」とお悩みではありませんか

朝起きて、さぁ準備するぞ!と思った時、むくんだ自分の顔が鏡に映っているとテンションも下がってしまいますよね…

でも安心してください!むくんだ顔は『簡単なマッサージ』をするだけでも、スッキリした印象に変えることができるんです!

今回は、

  • 忙しい朝でもできる即効マッサージ
  • 朝のむくみを予防する方法

の2つを主にご紹介しています。

マッサージのやり方については、イラストでわかりやすく説明しています!すぐに試せて効果も高いので、今すぐにむくみを改善したい人は試してみてください!

 

 

 

1. 最悪!朝起きたら顔がパンパンに…!

朝起きて鏡を見たとき、自分の顔がむくんでいると「これはまずい…!」と焦ってしまいますよね。寝る前はむくんでいなかったのに、朝になると顔がむくんでしまうのにはいくつかの原因が考えられます。何が原因だcvのか確認してみましょう。

 

1-1. 朝の顔のむくみは「血行不良」によるもの

朝の顔のむくみは「血行が悪くなり、体の水分調節がうまくいかなくなる」ことで起こります。体の血のめぐりが悪くなると、血管から水分がしみ出て細胞と細胞の間に溜まるようになるのです。

寝ているときは体が横になっているので、顔にも水分がたまりやすくなります。朝起きた時に顔がむくんでしまうのはこのためです。

 

体に水分がたまってしまう原因は、日頃の生活習慣にある場合が多いです。例えば

  • アルコール飲み過ぎ
  • 生活習慣の乱れ

などです。

こちらの記事では、そのメカニズムについて詳しく説明してあるので、きになる人はチェックしてみてください。

●もう悩まない!今すぐ試せるむくみの取り方と気をつけるべきNG習慣

 

2. スキマ時間にできる!効果を実感できるむくみ解消マッサージ

朝のむくみは、放っておいても昼頃にはマシになっていることが多いです。体を起こしていれば、顔にたまっていた水分も重力で自然に流れていくからです。

でも、「お昼までなんて待てない!」「今スグどうにかしたい!」という方も多いと思います。そんな方のために、3分でできるむくみ解消マッサージをご紹介します。

マッサージをするときは、オイルやクリームなどを使うと滑りが良くなります。なくてもマッサージはできますが、肌へのダメージがきになる人はお手持ちのオイルやクリームを使ってやってみてください!

 

まずは、顔や首周りの血行を改善していきましょう!

首や肩を回して筋肉をほぐす

朝起きたばかりで硬くなっている首や肩の筋肉をほぐしていきます。首を左右へ2回ほどゆっくり回したあと、今度は肩をぐるぐると5回ほどまわしていきましょう!

耳を軽く上下左右に引っ張る

次に、耳のマッサージです。耳には多くのツボがあると言われています。上下左右にぎゅーっと引っ張りましょう。その後、後ろへ向けてぐるぐる数回まわしま人差し指で刺激するしょう。終わる頃には、耳がじんわりあったまってきているはずです。

 

次に、左右のこめかみと耳の後ろのくぼみを刺激します。中指の出っ張りを使い、痛気持ちいい程度に10秒ほどほぐしていきましょう。

首の筋肉をほぐしていく

それが終わったら、次は首筋のマッサージです。首の筋肉は普段あまり触ることがないので、凝って硬くなっているかもしれません。優しくつまんで上から下へマッサージしましょう。鎖骨の上と下をマッサージ

次に、鎖骨の上と下を図のようにマッサージしていきます。肩へ老廃物をおし流すイメージで、強めにマッサージしましょう。

 

筋肉がほぐれて準備ができたら、顔にたまった老廃物を流していきましょう!

顎の下から耳の後ろへ

中指の出っ張りを使って顎から耳にかけてのフェイスラインをマッサージしていきます。耳の下まで行ったら、そのまま鎖骨のほうへ流していきましょう。これをすることでフェイスラインがかなりすっきりします。

ステップ1と同じように顔をマッサージする

次に、ステップ1と同じように、中指を使って

  • 目の下〜こめかみ
  • 鼻の横〜こめかみ
  • 口角〜こめかみ

へ指を滑らせていきます。こめかみに集めた老廃物を鎖骨のほうへ流すイメージでマッサージしていきましょう。

目の周りをほぐしていく

 

フェイスラインが終わったら、今度は目の周りのむくみをとっていきます。星マークがついているあたりを親指でぐーっと押してほぐしていきましょう。矢印の方向へ指圧しながら進んでいきます。生え際を抑えて、フェイスラインを軽くなぞる

 

最後に仕上げの作業です。手のひらを生え際を抑え、ぎゅっと後ろへ引っ張りましょう。そのとき、もう片方の手でおでこからアゴへ、老廃物を流して行くようにすっすっとなぞっていきます。強さは軽くで大丈夫です。

このマッサージをすることで顔の血流も改善するので、むくみもましになっているはずです。3分ほどでできるので試してみてください!

 

 

3. 朝のむくみに悩まない!顔のむくみを防ぐ方法

できれば忙しくて時間のない朝にむくみ取りの作業はしたくないですよね。では、どうすれば朝のむくみを予防できるのでしょうか?その方法を解説します。

 

3-1. レモンを生活に取り入れよう!

レモンには、顔のむくみを改善してくれる効果があります。レモンに含まれる「ヘスペリジン」という酵素がむくみを解消してくれるからです。レモンの効果については、サッポロホールディングス(株)が行った臨床実験でも証明されています。この実験は日頃、顔のむくみに悩んでいる男女88人を対象に行われました。このうち半数がヘスペリジンを含む食品を、残る半数が含まない食品を2週間摂取したところ、「ヘスペリジン」を含む食品を2週間食べ続けたグループからは「朝の顔のむくみや夕方の下腿のむくみを解消することができた」という結果が得られました。

(参照:レモン由来の機能素材で顔のむくみ軽減効果を実証 ~女性活躍をレモンポリフェノールで応援~

このことからも『レモンはむくみ予防に効果がある!』ということができます。レモンを使ったオススメの商品をいくつか紹介しますので、毎日の生活に取り入れてみてください!

 

【オススメのレモン商品】

キレートレモン 希望小売価格 :115 円(税抜)



レモン1個分の果汁がギュッと濃縮された、レモン本来のおいしさが楽しめる飲み物です。すっきりとした酸味で飲んだ瞬間リフレッシュできます。

1本でビタミンCとクエン酸が1350mg摂れ、健康や美容に気を遣っている方にもオススメです。コンビニでは、栄養ドリンクのコーナーにおいてあることが多いので、探してみてください。

 

そのまんまレモン 参考定価 :170円(税抜)



こちらは国内産のレモンの皮をそのまま使ったお菓子です。糖漬けにしてあるので思ったよりも酸っぱくなく、程よい甘み・酸味でパクパクと食べることができます。

無香料・無着色なので安心して食べられるのも嬉しいですよね。コンビニでも買えるので、試してみてください。

 

3-2. 枕を少し高くしてみる

低い枕を使っている人は、枕の高さを少し上げてみるといいかもしれません。枕が低いとどうしても顔に血液が溜まりやすくなり、むくみの原因になってしまうからです。

頭を心臓より上に持ってくることで朝起きた時のむくみを予防することができます。ただし、あまり高くしすぎると肩こりの原因にもなるので、無理なく快適に眠れる高さのものを使うようにしてください。

 

3-3. なるべくうつ伏せで寝ない

うつ伏せで寝ると顔がむくみやすくなります。これも頭に血液がたまりやすくなるためです。顔が心臓よりも高い位置にないと、顔がむくみやすくなってしまうのです。

寝姿勢については、枕を使って「仰向け」か「横向き」で寝るようにしましょう。そうすれば、顔の位置が上がるので朝起きた時にむくみにくくなります。うつ伏せで寝るのはなるべく避けるようにしましょう。

 

3-4. 生活習慣に気をつける

生活が乱れていると自然にむくみやすい体になってしまいます。生活習慣が乱れると体の血行も悪くなり、水分の調節機能がうまく働かなくなるからです。

  • 暴飲暴食
  • 睡眠不足
  • 運動不足

などは、むくみの原因となります。こちらの記事で、詳しくご紹介していますので併せて参考にしてみてください。

●もう悩まない!今すぐ試せるむくみの取り方と気をつけるべきNG習慣

 

 

4. まとめ

朝の顔のむくみには、マッサージで物理的に顔の老廃物を流すのがオススメです。ご紹介したやり方を試してみてください。きっと、マッサージをする前とした後とでは、顔の大きさが変わっていると思います。

また、むくみ予防の方法としては

  • レモンを日常生活に取り入れる
  • 枕を少し高くする
  • うつぶせ寝は避ける
  • 生活習慣に帰依をつける

などがあります。

むくみは特に、日頃の生活習慣が原因となっていることが多いです。お酒の飲み過ぎや暴飲暴食はやめ、適度に体を動かし血行を改善しましょう。

 

 

 

前の記事へ
普段の生活に欠かせな…