気になるストレスと肌荒れの関係。そのメカニズムを徹底解説!

ストレスと肌荒れって関係あるって聞いたことあるけど、本当はどうなんだろう?とお悩みではないですか?

実は”肌荒れとストレス”の関係は、科学的にも証明されているんです…!

この記事では、

  • ストレスを感じた時に肌が荒れる理由
  • ストレスによる肌荒れの対策

の2つを、研究論文や国のデータをもとに解説しています。

これを読めば、ストレスと肌荒れの関係がよく分かるはずです。参考にしてみてください!

 

 

 

1. なんでストレスがたまると肌が荒れるの?

なぜストレスが溜まると肌が荒れてしまうんでしょうか?その理由は大きく分けて3つあります。

 

1-1. ビタミンCが不足して乾燥しやすくなるから

ストレスフルな生活が続くと、肌に必要なビタミンCが不足して乾燥しやすい肌になってしまいます。

私たちの体は、ストレスに対抗する時大量のビタミンCを消費します。
(参照:https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/60/5-6/60_KJ00004912643/_pdf/-char/ja)

そのため、ストレスを感じる状態が続くと健康な肌を保つのに必要なビタミンCが不足し、

  • 肌の潤い成分であるコラーゲンが減少して肌が乾燥する
  • シミができやすくなる(できたシミが消えにくくなる)
  • 皮脂の分泌が過剰になったり、不足したりする
  • 肌が酸化し、老化する

などの問題が起こりやすくなってしまうのです。

 

1-2. 肌のバリア機能が低下して刺激に弱い肌になるから

ストレスを感じると、肌のバリア機能が低下します。私たちの肌には、肌の潤いを保ち外の刺激から体を守る”肌のバリア機能”というものがあります。

ストレスを感じると、このバリア機能を作っている潤い成分「セラミド」が少なくなってしまいます。肌を守る力も弱くなり、乾きやすく荒れやすい肌になってしまうのです。
(参照:https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1441.html)

 

1-3. 肌のターンオーバーが乱れて肌が荒れやすくなるから

ストレスを感じると体の調子も悪くなり、肌のターンオーバーも乱れるようになります。

通常ターンオーバーのサイクルは6週間ですが、便秘や不眠によってサイクルが乱れると新しい細胞を作る力と古い角質を剥がす力が弱くなってしまいます。そのため肌の再生が遅れ、ニキビや吹き出物・乾燥などのトラブルが起きるようになるのです。

 

2. 短い時間で簡単に!ストレスによる肌荒れの対処法

忙しくてゆっくりストレスを解消するヒマがない人や、ストレスの原因をすぐに解決できない人もたくさんいると思います。出来るだけ簡単にできて効果のある対処法をご紹介します。

 

2-1. 簡単・時短!ストレスで不足した栄養はサプリでとろう!

サプリメントでの栄養補給は、効率よく多くの栄養をとるのに適しています

フルーツや野菜からとるのも良いのですが、調理に手間と時間がかかるだけでなく、調理過程で栄養が損なわれることもあります。

それに対して、サプリメントは毎日決まった量のビタミンをほんの数秒でとれるので簡単で効率的です。

ストレスで肌が荒れている時におすすめの栄養素は「ビタミンC」と「ビタミンB群」の2つです。

2-1-1. ビタミンC

ストレスを感じた時はいつもより多めにビタミンCをとる必要があります。私たちの体はストレスに対抗するために大量のビタミンCを消費するからです。

肌を健康に保つために、ビタミンCは欠かせない栄養素です。意識してとるようにしましょう。

2-1-2. ビタミンB群

ストレスによって乱れたターンオーバーは、ビタミンB群をとることで改善が期待できます。ビタミンB群の中でも特に効果があるのが、

  • ビタミンB1
    肌のターンオーバーを正常に保ち、皮脂の分泌を調節する
  • ビタミンB2
    皮膚や粘膜の健康維持を助ける
  • ビタミンB6
    健康な肌を生み出す力がアップする

の3つです。たっぷり栄養をとって、体の内側からストレスと肌荒れのケアをしていきましょう。

 

2-2. 効果は抜群!瞑想でストレス解消しよう!

瞑想ってなんだか宗教っぽくて胡散臭い…本当に効果があるの?なんて思っちゃいますよね。そんな方は1度でいいので騙されたと思ってチャレンジしてみてください!

瞑想はマインドフルネスとも呼ばれ、GoogleやFacebookなどの大企業でも取り入れられているストレス解消法です。

(参照:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsre/16/2/16_2_167/_pdf)

科学的にもストレス軽減に効果があると実証され、多くのメディアでも取り上げられています。道具を買う必要も、わざわざ出かける必要もありません。ストレスを感じた時は寝る前にやってみてください。

【簡単な瞑想のやり方】

  1. ベッドに仰向けに寝る。リラックスして目を閉じる。
  2. ゆっくりとした気持ちで、深く呼吸する。吸う時は吸うことに、吐く時は吐くことに意識を集中する。呼吸のスピードは、ゆっくりと呼吸できる速さで。
  3. 呼吸に意識を向けることができたら、次は「呼吸する時に動く空気の流れを感じる」ことに意識を集中させる。
    途中で色々な雑念が浮かんでも、考えるのはやめて、呼吸と空気の流れにだけ集中する。
    (途中で寝てしまってもOK。寝ないようにしないと…!と思う必要はありません。)

これを、気分が落ち着くまでやってみましょう。

 

 

3. まとめ

肌は心の鏡と言われるように、ストレスと肌は密接につながっています。そのためストレスをためすぎてしまうと、肌にも悪い影響が出てきやすくなります。

肌荒れを治すためには、ストレスをきちんと解消しながら規則正しい生活を送ることが重要です。 

今回ご紹介した、

  • サプリで不足した栄養を補う
  • 瞑想でストレスを軽減する

などの方法を取り入れ、上手にストレスと付き合っていきましょう。

 

前の記事へ
ウォーキングで腰痛の…