マルチビタミンの過剰摂取の危険や飲み方について徹底解説します!

マルチビタミンサプリメントというものを、薬局などで目にしたことはあるでしょうか。マルチビタミンは今や私たちの生活になじみ、手に入れやすいので愛用している方も非常に多いサプリメントです。

そんな人気のサプリメントですが、「たくさん飲むとより効果があるのでは…?」と思ったことはありますか?

マルチビタミンは、様々なビタミンをそれ一つで手軽に摂取できる便利なサプリメントのため、手に取りやすい商品です。しかし、飲めば飲むだけ効果が現れるのか?あまり分からないものですよね。

実は、マルチビタミンは医薬品ではないものの用法が決められており、それを超えて摂取することによって副作用が発生する危険があるのです。良かれと思って飲んでいるのに、逆に副作用が出てしまうと辛いですよね。

そこでこの記事では、

  • マルチビタミンの飲み方
  • マルチビタミンの過剰摂取
  • マルチビタミンを選ぶコツ

について詳しくご紹介します。

この記事を読めば、マルチビタミンの効果的な飲み方や摂取の際の注意点まで理解できることでしょう。ぜひこの機会に効果的な飲み方を身に着け、効率よくビタミンを摂取してくださいね。

 

 

 

1. マルチビタミンについて

飲み方をご紹介する前に、マルチビタミンものそのものについて簡単にご説明します。

 

1-1. マルチビタミンの概要

マルチビタミンとは、その名のとおりバランスの取れたあらゆるビタミンのことを指します。

ビタミンCやビタミンBなどといった個々のビタミンのサプリメントとは異なり、広い範囲のビタミンをまんべんなく配合したものがマルチビタミンサプリメントです。

今や健康補助目的のサプリメントの中では最も人気の種類として知られており、利用している人もあらゆるサプリメント部門の中で一番多いという統計結果も出ています。

 

1-2. マルチビタミンに含まれる栄養成分

それではマルチビタミンには、どのような良い要素が入っているのでしょうか。

一般的にビタミンは広い分類で言うと、A・Bをはじめとする13種類のビタミンが存在します。マルチビタミンと言う名前で販売されているサプリメントには、この中からKを除いた12種類のビタミンが配合されているのが一般的です。

配合に関してはメーカーが独自の手法で決定しており、Aの配合比率が高いものもあればCの配合比率が高いものもあります。

 

1-3. マルチビタミンサプリの主なメーカー

マルチビタミンを開発しているメーカーは多岐に渡るため、商品自体も非常に多様化しています。

製薬会社で言えば、小林製薬、大塚製薬などといった大手製薬メーカーがサプリメント業界をけん引しています。また、他にもDHCやディアナチュラ・ネイチャーメイドなどの有名サプリメントの開発商品も非常に人気となっています。

また、サプリメント大国アメリカのメーカーをあえて選ぶ人も多く、ダグラスラボラトリーズなどのメーカーが人気です。

 

1-4. マルチビタミンサプリの平均相場

大まかなマルチビタミンサプリの相場は2,000~3,000円と言われています。マルチビタミンを選ぶ際には、100円あたりのビタミン量を計算するとよいとされています。ワンボトルにどの程度の量が入っているのかにもよりますが、そのコストは添加物や不純物の有無・ビタミンの含有量・そのほかの栄養成分の含有・製法などによって左右されます。

もちろん、高ければより効果が高いというわけではありません。

 

2. マルチビタミンの効果

続いて、ご存じの方も多いかと思いますが改めてマルチビタミンの効果についておさらいしていきましょう。

 

2-1. 不足したビタミンを補う

マルチビタミンは元々、日々の生活の中で不足しているビタミンを全体的に補うために開発された商品です。

そのため、きちんと日々の生活の中でビタミンが摂取できている人は、マルチビタミンを飲む必要がありません。

ビタミンの必要量はその時の身体の状態に応じても異なります。例えば、風邪をひいている時には通常時よりも多くのビタミンが必要となるのでマルチビタミンは有効です。

継続的に毎日飲むだけでなく、シーンに応じた使い分けができることも薬と違ったマルチビタミンの魅力です。

 

2-2. エネルギー生成をサポートし、代謝を促進する

ビタミンの効果として非常に大きな役割の一つに、「代謝のサポート」が挙げられます。

これは私たちが生きるのに必要なエネルギーを、食べたものから作り出す機能を補助するという働きです。ビタミンが不足すると、エネルギーがうまく作られず、エネルギーに変換されるはずだった栄養成分は脂肪などとして体内に蓄積されることになります。

そのため、ビタミンをしっかりと摂取することは脂肪のつきにくい体を作ることにも繋がるのです。

 

2-3. 肌や骨・血管に必要な成分を生成する

ビタミンの中でも、特にビタミンCの役割として重要なのがこの働きです。

ビタミンCはコラーゲンを生成します。コラーゲンは軟骨成分とも呼ばれますが、軟骨以外にも肌や骨・皮膚や血管などといった体全体に必要な成分です。

その他にも、ビタミンBの特徴的な働きとして粘膜を保護するといった機能があり、目の角膜や免疫機能を守るなどあらゆる部位で体内の働きをサポートしているのです。

 

 

2-4. ホルモン分泌や末梢神経の機能を正常に維持する

ホルモン分泌に特に効果的なのはビタミンDです。女性ホルモンの分泌を正常に保ち、月経症候群や妊娠中のあらゆるリスクを低減してくれることで知られています。

また、ビタミンAやBなどといった栄養素は末梢神経にも働きかけます。これにより手足先の先端までしっかりと血液が循環し、細かな作業などが出来るようになります。これらの栄養素が不足してしまうと手足がよくつったり、しびれが起きたりすることもあります。

 

2-5. 疲労やアルコール・煙草の毒素のダメージを回復させる

運動後や長時間の労働後の疲労にもビタミンが非常に有効です。肉体を動かすなど運動をすると、活性酸素という成分が過剰に生成され、それが細胞壁を傷つけます。

ビタミンはその活性酸素を除去することで疲労からスムーズに回復するのをサポートしてくれます。

また、アルコールや煙草の煙を摂取すると、体内には毒素が発生しそれを解毒しなければ細胞が傷つきます。そんな時にはビタミンが解毒効果を発揮してくれるという機能もあるのです。

 

2-6. 精神を安定させる

ビタミンの中でも、ストレスに対抗するビタミンは多数あります。

疲れたらビタミン、といった言葉がありますが、これは身体的にも精神的な疲労にも効果があります。詳しく説明すると、ストレスを感じた時にそれを打ち消すための副腎皮質ホルモンという成分の分泌をビタミンが促進するのです。

また、ビタミンが十分に摂取できていると精神を落ち着かせる成分がスムーズに分泌されるという研究もあります。

 

3. マルチビタミンの飲み方

それではここから本題のマルチビタミンの飲み方についてご紹介します!

 

3-1. 極力少しずつ食後に飲む

マルチビタミンの中には体内に入っても、貯蔵されずすぐに尿として体外へ排出されるビタミンが多く含まれています。

最新の製法によって極力効果が持続するように作られているものもありますが、それは飲み方の工夫によっても引き延ばすことができます。

ポイントは1度に飲まないことです。少しずつ時間をおいて飲むことで常に体内にビタミンが循環している状態を作るのです。

さらに飲むのは食事を吸収して活発化している食後の方が吸収率アップするのでおすすめです。

 

3-2. 継続期間は目的に応じて

サプリメントは必ずしも継続してずっと飲み続けなければいけないものではありません

目的に応じた継続期間を考え、無理のないお金の範囲で選ぶことをおすすめします。

例えば一時的なダイエットをしたい場合、最低でも必要なのは3か月分です。

もちろん普段の健康をずっと維持したい方は今後継続して飲み続けることが一番ですが、肌質の改善などにマルチビタミンを利用するのであれば、最低40日分あれば効果が実感できるとされています。これは成人の肌のターンオーバーに最低40日を要するということによります。

 

3-3. 飲み合わせの悪い薬に注意

マルチビタミンサプリメントは、ビタミンを濃縮した商品なので通常の食事よりもビタミンの効果が色濃く現れます。

その分、飲み合わせの悪い薬も中には存在します。例えばワーファリンという血栓予防の薬はビタミンK(マルチビタミンに含まれていない場合も多い)によってその効果が低下します。また、ビタミンCやEは特定の抗がん剤の作用を減少させるとの報告もあります。

常備薬が多くある方ほど、ビタミンサプリメントの服用には気を付けましょう。医師に相談するか、自身で飲み合わせを検索してからの利用をおすすめします。

 

 

4. マルチビタミンの過剰摂取に注意

マルチビタミンは医薬品ではありませんが、用法が決められています。それを超えて摂取することによって副作用も発生するのでその危険性についてご説明します。

 

4-1. 脂溶性ビタミンとは

マルチビタミンの中に含まれているビタミンは、大別すると2つにわけることができます。

一つは水溶性ビタミン、もう一つは脂溶性ビタミンです。

代謝が早く体外に排出されやすいのが水溶性ビタミンです。一方脂溶性ビタミンは体内に蓄積することが出来、摂取した分だけ体に溜まっていくというのが特徴です。

 

4-2. 副作用の可能性

特に脂溶性ビタミンが多く含まれているマルチビタミンサプリメントの多量摂取は危険です。

あくまで記載されている用法用量を守って利用してください。

副作用としては、胃などの内臓がビタミンの多量摂取によって傷つく場合や、下痢・嘔吐など場合によって様々です。ビタミンは多く飲めば良いものではないので必要以上の摂取は控えましょう。

 

4-3. 配合量の詳細がないサプリは危険

マルチビタミンのパッケージには通常「ビタミンA○mg」といったように、何がどのくらい入っているのか記載があります。

基本的にはこの内訳を見ながら自分に合ったものを探すのですが、中には異常に安い価格で内訳を記載していないものもあります。

そういったものは何かあったときに医師への説明も出来ないので摂取はやめましょう。

 

5. マルチビタミンを選ぶコツ

最後に、マルチビタミンサプリメントを選ぶ際のコツについて簡単にご紹介します。

 

5-1. コスパを意識

マルチビタミンサプリメントは基本的に、100円あたりに含まれるビタミンの量が多いほどコスパが良いとされています。

これを候補となるサプリメント同士を比較して割り出し、コスパの良い方を購入することをおすすめします。また、自身が積極的に摂取したいビタミンの量が多いものを選ぶのもアリです。

 

5-2. 続けやすい形状のものを選択

サプリメントを飲むにあたって、大きな錠剤が苦手という方もいるでしょう。

実はサプリメントの形状は多様化しており、カプセルやグミタイプ、ラムネタイプなどあらゆる形状があります。特にグミやラムネのように食べられるタイプは子供でも食べやすく人気です。

 

5-3. 安全性を確認

サプリメントを購入するにあたって安く買うのは非常に重要ですが、継続して体内に入れるものですので安全性は第一に確認しましょう。

メーカーの評判や製造工場の保有資格、口コミなどを見れば十分でしょう。

 

5-4. 製法を確認

使用している原料のビタミンは天然と合成がありますが、一般的には天然の方がより効果が高いとされています。

マルチビタミンの製法はメーカーにより異なります。

製法は体内での滞留時間を延ばすタイムリリース製法や、吸収率を高めるキレート製法などがあります。

 

6. まとめ

マルチビタミンの飲み方・選び方についてご紹介しました。

ダイエットしたい方、美肌を維持したい方、運動パフォーマンスをより上げたい方など、あらゆる目的にマルチビタミンは効果を発揮します。

ぜひそれぞれの目的に応じて、自分に合ったマルチサプリメントを見つけてみて下さい。

 

前の記事へ
ウォーキングで腰痛の…